FAQ

よくあるご質問

風船飛ばしへの疑問にお答えします!

風船飛ばしは環境に悪くないですか?
ゴム風船の原料は、ゴムの木の樹皮につけられた切り口から滲み出てくる樹液をカップにあつめたもの「ラテックス=天然ゴム」です。ラテックスは日光や光によって分解される100%自然の原料なので環境に悪いものではありません。
分解作用は空気や太陽光線にさらされたとたんに始まります。然界の微生物は暗闇の中でも天然ゴムを分解します。
ゴム風船は、その見た目から化学製品だと思われがちですが、実は土から生まれた環境に優しいものです。
風船を飛ばす際に、許可などは必要ですか?
風船飛ばしに関する法律、条例などの規制は一切ありません。
道義的な面でも、ガイドラインを厳守すれば全く問題ありません。
風船はどこへ飛んでいくの?
上空の風に運ばれて移動し、ヘリウムガスの浮力で地上約8000mまで上昇し気圧と温度の影響で破裂するといわれています。飛んでいく方向や距離は、その日の風向きや天候により変化します。
その昔、弊社代表が小学校の時に学校行事で飛ばした風船が、兵庫県芦屋市から三重県鈴鹿市まで直線距離で約120Kmも飛んで行き、到達地の方から学校に手紙が届いた素敵なエピソードがあります。
動植物への影響はありませんか?
風船の糸が絡まり、動植物を苦しめている様子がネットなどでも報じられています。糸で束ねた風船を飛ばす。自然分解されないリボンを用いる。などの誤った使用方法が原因でこれらの残念な事態が発生しています。
このような事態を発生させないため、当社の実施する風船飛ばしは、風船単体で飛ばすか、糸をつける場合は速やかに水に溶ける紙糸を短くつけてバラで飛ばすことを徹底しています。
また、ゴム風船は地上約8000mまで上昇し、気圧の影響でパンパンに膨らんで破裂し粉々になった状態で地上に落下します。万が一動物が誤飲しても、そのまま吐き出すか、体内に残留せずに排泄されるとの報告があります。
風船の浮力を確保し、しっかりと上昇できるよう浮力を考慮しながら準備を行うなどの配慮を行い、雨天時は実施しないといったルールを持って実施していますので、安心してご利用ください。
風船飛ばしにはどのような種類がありますか?
糸をつけた風船を手に持ってみんなで一斉に飛ばす方法。
ネットにいれた大量の風船を一気に飛ばす方法。の2つが一般的です。
この他にも、大きな風船が割れて、中から小さな風船がいくつも飛び出る演出など、
風船を使ったいろいろな演出があります。ご予定のイベントやセレモニーの内容に応じてご相談ください。
風船自体は安全ですか?
口に含んで膨らますことを想定した、安全基準をクリアした製品を使用しているため安全です。
ただし、ラテックスアレルギーのある方はご注意ください。
ヘリウムガスは危険ではないですか?
風船飛ばしに使用するヘリウムガスは無毒、無臭、不燃性の安全なガスです。
割れてしまった風船のガスを吸ってしまっても問題ありません。
ただしガス中に酸素が含まれていいないため、風船のガスを故意に吸引して声を変えて遊ぶなどの行為は大変危険です。酸欠により重篤な症状につながる危険があります。
どのくらい前に注文すればいいですか?
スタッフおよび機材の空き状況を確認いただくため、
ご検討時点でまずは日程をお知らせの上なるべくお早めにご相談ください。
荒天時にも実施できますか?
雨天時には風船の表面についた水滴の重みで適切な浮力が得られなくなるため実施できません。
実施時に雨が降っていなくても、周囲の天候や実施前後の天候により、実施できない場合があります。
強風時は、周辺に影響がないかをテスト用バルーンなどで確認し、実施の判断を行います。
実施できない理由は、上段の「Q.動植物への影響はありませんか?」をご覧ください。
雨天で実施できなかった場合はどうなりますか?
実施前日15:00時の天気予報の降水確率が50%以上の場合、キャンセル料はいただきません。
天候に左右される演出ですので、双方のスケジュール調整の上あらかじめ雨天予備日をご準備いただければ、
予算内でご対応させていただきます。
風船の色の希望はできますか?
赤・緑・黄色・青・オレンジ・黄色・水色・白・紫・白= 10色の中から、
テーマに合わせて希望の色をお選びいただけます。
その他特別な色をご希望の場合は、ご相談ください。
特にご要望がない場合は、10色ミックスでご準備します。
風船にプリントを入れることはできますか?
イベントのタイトルやロゴマークなどを風船にプリントすることで特別なバルーンを作れます。
オリジナルバルーンは写真映えもするので大変喜ばれます。仕様や料金はお問い合わせください。
手紙をつけて飛ばすことはできますか?
手紙をつけて飛ばすことができます。
弊社では風船の結び目に手紙を取り付ける方法を推奨しています。
糸の先に手紙をつけると、木や電線に引っかかりやすくなり、風船同士も絡まりやすくなるためです。
また、風船の中に手紙を入れて飛ばす方法もあります。
幼稚園の園庭が小さいのですが、ウチでも実施できますか?
比較的小さな場所でも実施できます。
実施スペースに応じて、周辺の樹木や住宅・施設などへの影響を考慮し、
風船飛ばしにベストな場所をお客様と一緒に検討いたします。まずは、一度お気軽にご相談ください。
準備にはどれくらい時間がかかりますか?前日に準備してもらうことはできますか?
個数により上下しますが、概ね2〜3時間程度の準備時間をいただきます。
時間の経過とともにヘリウムガスが抜けてしまうので前日のうちに準備することはできません。
風船飛ばしの時間に合わせて準備を開始します。
会場で準備するものはありますか?
駐車場・作業スペース(横幕つき作業用テントまたは実施場所に近い屋内のスペース)などをご用意ください。
幼稚園のイベントに地域の人も呼びたいのですが。
風船飛ばしは、世代を超えて一緒に楽しめるイベントですので、ぜひご招待して盛大に開催してください。
近所の方をご招待することで顔が見える地域の交流が生まれますし、風船飛ばしへの理解も得られます。
また時間も比較的短時間で実施できるので、ご招待者の負担も少なくて済みます。

お気軽にお問合せください!

受付時間 10:00〜18:00/定休日 土日祝

WEBお問合せ

24時間受付フォーム

ページ上部へ